導入価格

※保護対象URL数について
エコノミープラン2種については、前提としてHTTP+HTTPSサイトをセットとした1FQDNのみが保護対象となります。
ビジネスプラン以降は、HTTPとHTTPSサイトを個別カウントとして合計した値となります。

例1) http://ditgroup.com 左記は同一FQDNで且つHTTP、HTTPSでセット
なる為、エコノミープランにて適用可能です。
https://ditgroup.com
例2) http://www.ditgroup.com 左記は異なるFQDNで且つHTTP、HTTPSが混在
しており、ビジネスプラン以降が適用対象です。
またURL数としては4となります。
https://www.ditgroup.com
https://ditgroup.com
http://app.ditgroup.com

主たる算出方法はピーク時トラフィックでご試算下さい。
従って保護対象が1URLでも10Mbpsを超えるトラフィック量の場合はビジネスプラン以降を選択頂きます。

追加費用について

※1 プラン移行時のケース
5月からエコノミープラスをご利用中のA社は、ピーク時トラフィックが8Mbpsを超えている事が7月確認出来ており、翌月からビジネススタンダードプランへの移行を勧告されています。A社は、8月からビジネススタンダードに移行をし、プラン移行の為の追加料金は発生せず、8月利用料金はビジネススタンダードプランの¥110,000に変更されます。

※2 保護対象Webサイト追加時のケース
5月からビジネスプランを利用中のB社は、導入時4つのWebサイトを保護対象として登録しサービスを開始しました。8月から保護対象を2つ追加する事となり、7月25日ビジネスプランの初期費の\120,000を支払いし、保護対象の追加を行います。

※3 お客様持ち込みのSSL証明書を利用される場合は、事前にご提供下さい。

※4 WebARGUS Fortify提供のLet`sEncryptは、クライアントとWebARGUS Fortify間のSSL暗号化通信をご提供します。

導入方法

WebARGUS FortifyはDNS切替型のサービスとなり、外部からのウェブアクセスは一度WebARGUS Fortifyで受信~精査後に正常なデータだけをオリジナルのウェブサーバに転送する仕組みとなります。
従って、お客様のサーバ構成やソフトウェアの変更は一切不要です。

お客様にご負担頂く作業としてはヒアリングシートのご記入DNS設定変更の2点のみとなります。
頂いたヒアリングシートを元に、こちらで環境のご用意と変更に必要なDNS情報並びに管理画面のアクセス情報をお客様にご連絡致します。
最終的にはお客様にてDNSレコードを弊社サービス側に変更頂く事で運用開始となり、その後の運用は全て弊社サービスて行います。
※ご契約後、DNS変更前に実際にWebARGUS Fortifyを経由したアクセスでサイトが正常動作するかを確認する事も可能です。

導入前



導入後

導入フロー

一般的な導入の流れはトライアル(評価)による利用を経て本番導入頂く事になります。